1: 名無し@コソーリ練習 03/10/09 13:14 ID:31xWMLHQ
季節は秋、秋と言えば読書というわけでみんなで小説を書きましょうだいぶ寂れているX板、毎日のぞく楽しみになるといいですねX板ならでわの味わいのある小説にしましょう

ルール1 話の続きを書くルール2 一人で長文を書かない(1〜3行が望ましい)
ルール3 荒らしはスルールール4 同じ人が続けてカキコは望ましくないルール5 前の人への感想などは本文と区別しやすいように
     ()で囲むなどして工夫しましょう

では、スタートッ!

6: バター飴 03/10/09 19:25 ID:+quIxdNI
蛇のように絡みつく視線、だが焦点は合っていない。
男はゆっくりと立ち上がり、X男との間合いを詰めてきた。
その男の足取りは酷く不安定で、生気が抜けた死者に見えた。
X男はその男が、三番街で広まりつつあるドラッグを
キメた後だと、すぐに分かった。
大陸から流れてくる「アンメルツ横横」と言う、
物はチャチだが、依存性の高さが売りのドラッグだ。

8: 名無し@コソーリ練習 03/10/10 12:30 ID:t4ZpxGQV
持ち金は、たったの408エクスだ。ポケットの中の小銭を握りしめた。
俺様はアンメルツ横横みたいな
クソネタなんかじゃトべねぇ。

11: 名無し@コソーリ練習 03/10/10 22:42 ID:z+R4zGf6
大きな音と共に俺の前をすばやい影が通り過ぎた
気が付くと、俺の握りしめた5000エクスとポケットの中の408エクスが無くなっていた
当然、影を追いかける。向いから練習帰りのBMXライダーY美が近づいてきた
Y美「どした〜ん?」
俺 「いや、ルクス・・パクられて、一緒に追ってくれないか?」
Y美「いいよ、1000エクスでね」
俺は笑みを浮かべ準備するY美を背に、寝転がる猫の上をキックフリップで越し先を急いだ

15: バター飴 03/10/11 19:07 ID:Zhwmsk4k
X男は薄れていく意識の中で、己が死に逝くのを悟った。
Y美が背中にぺグを突き刺した、それはY美のスキルが
上達した事を意味する。彼女の、その可憐な自己表現が
今のX男には愛しい。
X男とY美はかつてバンド仲間だった。 

ヒップホップとハードコアをクロスオーバさせ、
フラメンコのテイストを加え、隠し味に津軽三味線を取り入れた
正統派のパンクバンドだった。
音楽的には先取りしすぎ、28世紀的なものだったので
ウケは良くなかったが、ライブパフォーマンスが好評で、
メジャーレーベルの「宇宙企画」から契約の話が来た。
しかし、

16: 009 03/10/11 19:12 ID:b8kT0Jhe
人生というものはいいことばかりではない。

17: 名無し@コソーリ練習 03/10/11 19:57 ID:OwbY8g1e
X男は音楽の才能があったが、体に障害も持っていた。
彼は尻の筋肉が弱いのだ。
なので便意が少しでも感じると、漏れてしまう。
X男は影で「歩く時限爆弾」と呼ばれていた。
しかしそのあだ名にはもう一つ訳がある。

37: 名無し@コソーリ練習 03/10/17 22:32 ID:XfSJpSiK
という、テレビを見た。
全くくだらない番組だ。さ、飯も食ったしSK8行くか。

38: 名無し@コソーリ練習 03/10/18 00:09 ID:24HYbEkF
そうつぶやくと、満★蛾太郎は家を出る

43: 名無し@コソーリ練習 03/10/29 03:06 ID:G2ymxQ7v
満★蛾太郎は玄関に行ってドアを開けた・・・。
するとそこにはクソまみれのババァが立っていた。
満★蛾太郎はふと思った「これが俗に言うクソババァか・・・。」
ドアを閉めて、後ろを向くとなんと家の中に数百匹の山田花子がいた!!!

65: 名無し@コソーリ練習 2005/12/02(金) 17:26:11 ID:EPT1oYeD
みんなの集まる広場に行くとすでにsk8とBMXをやってるやつの姿をみつけた。
「おっす」と適当に挨拶して軽く滑りはじめると、1人の女が1人ぼーっとこっちを見ていた。
最初は気にしていなかったが、ずっと見ていたので声をかけることにした。

66: 名無し@コソーリ練習 2005/12/02(金) 18:11:13 ID:EPT1oYeD
「何してるの?」
X男が言うと女は
「ちょっと考え事してる」
それだけ言ってだまってしまった。
女は18歳ぐらいだろうか、まだあどけない表情をしている。
X男は気になったがそっとしておいた。

68: 名無し@コソーリ練習 2006/05/25(木) 23:37:51 ID:F5F2YCH8
そうだ!今日はファミブの日だ!何借りよう!俺は迷った

69: 名無し@コソーリ練習 2006/05/26(金) 00:09:46 ID:6ISe6p+p
何を借りるかはついてから決めることにして、俺はちょっとダボめの服を着て
家を出た。途中、女子高生グループに出くわした

71: 名無し@コソーリ練習 2006/05/26(金) 01:01:59 ID:+eLD5qSO
あの時パークにいた女!手にはマルボロと、マジックでPANKと書いてあった

72: 名無し@コソーリ練習 2006/05/26(金) 11:50:45 ID:dr8b2R0n
左手にはLOCKと書いた跡があった。

75: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 00:15:44 ID:dZy03/52
しばらくさがすと、女はすき家でねぎ玉豚丼を食べていた。

77: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 20:30:55 ID:e0Qeo8MT
もちろんフェイキーアウトでメイクしたが
するとその女は

78: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 21:34:11 ID:DE/66qKL
女「アタイに何かようかい・・・?」
女は凍った声でそう呟くと、右手のグラスにまだ半分は残っているウィスキーをグイっと飲み干した。
ついでに豚丼の汁もグイっと飲み干した。


X男「ハァハァ・・コ・ノ・・・ヤロウ・・ブッコロス・・・」


と突然X男はいきなりトップギアだ

79: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 22:47:04 ID:dZy03/52
>>78ワロス

80: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 22:54:35 ID:bw/ekAFR
すき家店長「あ・・・あなたは・・・」
店長はツバを飲み込んだ後、声をそう絞り出した
X男「よう・・・店長・・・」
店長「いつものヤツ、ヤっちゃいますか?」
店にいた客はその言葉を聞いた後皆店から出て行った。

81: 名無し@コソーリ練習 2006/05/27(土) 23:36:14 ID:e0Qeo8MT
店長「いっとくが今日は、お前さんには負けないよ」
X男「望む所だピサデブ野郎」

85: 名無し@コソーリ練習 2006/05/28(日) 13:27:18 ID:z9b0CiZn
トニー・ホーク「ミノル・モリタ、サガシテル」
一瞬にしてその場の空気が凍りついた…
するとそこへ

87: 名無し@コソーリ練習 2006/05/28(日) 20:16:03 ID:PcIaElKH
舞い踊る!桜散る散る!実散る!

トニー「ゴットォォフィンガーァァァァ!!!」

      ブグシュ!!   


あれは酷かったな。辺り一面血の海・・。
人間の体にあんな簡単に穴があくなんてな。
正直、驚いたよ。
でも一番驚いたのは、トニーが明鏡止水の心を会得してる事だったけどな

するとどうした思う?あの後アイツが・・
あんなの初めて見たね・・いや初めてじゃないな。

あれは2年前の夏だ。

88: 名無し@コソーリ練習 2006/05/28(日) 21:52:44 ID:B/1t6Ecp
トニー「>>87文章長いよ」

89: 名無し@コソーリ練習 2006/05/28(日) 23:49:05 ID:BfZt8byw
僕はセミを捕まえてんだ。

93: 名無し@コソーリ練習 2006/05/29(月) 18:30:29 ID:+uIlEsDp

「・・・おや・・・・・・?あそこにいるのはミューレンじゃないか・・・?」
蜂の子に腹をヤラれたトニーは消えかかる意識の中で悟った

ミューレン「さぁ・・・コレを・・・」
そういうとトニーの口に仙豆を入れた。

94: 名無し@コソーリ練習 2006/05/29(月) 19:33:45 ID:ebWEZuQw
さよなら天さんどうか死なないで・・ちゃおずうぅうぅぅ

95: 名無し@コソーリ練習 2006/05/29(月) 22:00:49 ID:+uIlEsDp
チャオズのノーリーハードフリップ!

97: 名無し@コソーリ練習 2006/05/31(水) 00:42:06 ID:sZEmjSXn
だがいい板がなくトイザらスに行った。



転載元
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/xsports/1065672891/